プロ野球

2019年クライマックスシリーズ開幕!ファーストステージ セ・リーグのみどころは?

こんにちは!元プロ野球選手のしょーとです!

 

いよいよ明日からクライマックスシリーズが開幕しますね!!

 

クライマックスシリーズとは?

CSってなに?クライマックスシリーズとは?こんにちは!元独立リーグのしょーとです! 最近プロ野球をみているとCS?クライマックスシリーズ?という言葉をよく耳にすると...

 

セ・リーグの順位は1位ジャイアンツ、2位横浜DeNAベイスターズ

 

そして3位争いは非常に激しく、最終戦まで順位が決まりませんでした!

 

最後は阪神タイガースがなんと6連勝で3位を勝ち取りクライマックスシリーズ出場を決めました!

 

今回の記事では、セ・リーグのファーストステージで行われる横浜DeNAベイスターズvs阪神タイガースの試合のみどころを解説していきます!

 

DeNA vs 阪神@横浜スタジアム

日程

・10月5日(土) 14時プレイボール

・10月6日(日) 14時プレイボール

・10月7日(月) 18時プレイボール

 

無料でクライマックスシリーズを見るなら!

対戦成績

 

レギュラーシーズンの対戦成績をみると阪神が横浜に対して168敗と大きく勝ち越しています!

 

しかも横浜スタジアムだけ絞っても84と阪神はかなり相性がいいとみえます!

 

さらに防御率などをみても阪神が横浜の投手陣に対してかなり打ち込んでいることがわかります。

 

DeNA

 

DeNAは9月の先発防御率が5.31、リリーフが4.38と投手陣が苦しい状況でした。

 

ピッチャーの踏ん張りが試合を大きく影響させるでしょう。

 

しかし打撃陣は、レギュラーシーズンの本塁打数は阪神の94本を大きく上回る163本のホームランを放っており、空中戦に持ち込めば横浜が有利。

 

また、シーズン終盤にデットボールで試合に欠場していた筒香が帰ってくるため、一発攻勢にも十分期待できます。

 

筒香のケガがどれだけ回復しているかも注目ですね!

 

阪神

 

一方、阪神は9月のリリーフ防御率が1.93と絶好調。ジョンソン、ドリス、島本、岩崎、藤川と盤石な体制。

 

その中でも島本は今シーズン63試合に登板し、防御率1.67。

 

さらに筒香との対戦成績では今シーズン5打数でヒットなし。通算でも11打数でヒットなしと完璧に抑え込んでいます。

 

打撃陣も盗塁王の近本、主軸の大山・福留などがどれぐらい点に絡んでいけるかがポイントでしょう!

 

矢野監督の采配やリリーフ陣の使いどころにも注目していきたいですね!

 

おわりに

セ・リーグのファーストステージで行われる横浜DeNAベイスターズvs阪神タイガースのみどころはいかがだったでしょうか?

 

期決戦の戦いは選手たちもいつも以上に気合が入っていますから、見ていてかなり盛り上がりますよ!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

無料でクライマックスシリーズを見るなら!